IB校編入面接合格!!

こんにちは。

今、去年の努力が報われた脱力感、面接に通った高揚感、IBに対する不安感によって、不思議な気持ちがしているあーるです。

先週インターナショナルバカロレアの面接についての記事を書きましたが、無事、合格通知が学校に届きました。先程も書いたように、嬉しいような、不安のような微妙な感じです。というか、合格したのはいいものの、緊張していますw

グレナンガには、第三タームから入る予定です。そのために来週の木曜日に、入学手続きに行ってきます。

IB校編入面接

今日は、とてもうれしいお知らせがあります。

自分は、International Baccalaureate (インターナショナルバカロレア通称IBとは、人をバランス良く育てる全人教育を掲げた教育プログラム)をやりたくてオーストラリアに来たのですが、来た頃は、IBのプログラムを持っている学校が満員で入れず、今は違う高校に通っているのですが、1週間ほど前、南オーストラリア州の教育省からのメールが届き、成績とその高校への編入申請書を出してくださいとのことでした。申請書の方は、留学をサポートしてくださっているエージェントの方にお願いして作っていただきました。

そして、今日エージェントさんからの連絡で、水曜日に面接がセットされたという連絡を受けました。面接が受けるということは、成績は、無事通過したようです。

今は、とても嬉しい気持ちと、二日後という直近に設定された面接への不安で不思議な感じです。しかし、エージェントさんからは、他の州にある高校でもIBをやっているところがあると言われているので、緊張しすぎず、自分の言いたいことが言える面接にしたいなと思っています。

またいい知らせをかけるようにリラックスして受けてきます。

では。

いか!!

ども。

こんにちはあーるです。

今日は、先週末にいったワラルー(wallaroo)は、18世機半ばに銅の搬出港として始まった港町で、語源はアボリジナルの言葉から来ているそうです。またワラルーは小麦の搬出港としても使われていて、港には、小麦を積むためのコンベアがあります。

今では、ワラルーは搬出港以外にも、休暇中のミニリゾートとしても使われています。

自分のホストが小さいながらも、ホリデーハウスを持っているのでたまに泊まりに行きます。先週は、金曜日の夜に出て、土、日に釣りをしました。そして。。。

な、な、な、なんと!

人生初イカを釣りました!

タックルは、(先っぽが折れた)エギングロッドにオレンジの2.5号のエギ。

突堤から十五メートルくらいに投げて、ゆっくりとシャクってきたところを、十メートルあたりのフリーフォールのときに抱いてきました。っしゃぁ!

でも引きは魚のような感じではなく、竿先が重くなるような感じで驚きました。

 

とうとう念願の一杯本当に嬉しいw

オーストラリアの首都キャンベラへ。

お久しぶりです。

ターム間の休みが終わり、第二タームがはじまったあーるです。

今日は、休み中に行ったキャンベラについての記事です。もう5月も下旬ですが、首都への旅行ということで記事を書いておきたいと思います。

キャンベラには、4月26から4月29までの3日間滞在していましたが、時間的には26日の昼頃から夕方までと27、28日の朝から夕方までで、計2日半くらい使えました。

キャンベラでは、(新旧国会議事堂、国立博物館国立美術館、戦争記念館)等いわゆる観光地を回ってきました。殆どの建物の名前に、National(国立)という単語がつきかつそれぞれの展示や、建物のクオリティーが高く新鮮で興味深かったです。

特に、戦争記念館には、世界に唯一良好な状態で残っている戦車や戦闘機、ドイツ製のジェット機等、世界的に貴重な展示が見れてとても充実した観光でした。(ただの軍オタw)

また、国会議事堂は、日本のものと比べ、外観は厳しいものの実際の議場は日本のものより小さく、部分的に長椅子が使われているなど違いがはっきりと見とれ、いい社会見学にもなりました。

これで、オーストラリアの主要な観光地キャンベラ、シドニーメルボルンゴールドコーストダーウィン、パース、ウルルの中で、6ヶ所キャンベラ、シドニーメルボルンゴールドコーストダーウィン、ウルルに行ったことになります。

パースは、すごいいいと言う人が多いので、チャンスが有れば言ってみたいです。

ここ少し、更新が滞っていたので、また、更新頻度を上げたいと思います。

イースター。

今日は、夕方から、グレネルグというビーチ沿いにある教会にホストファミリーと行き、ホストファミリーが手伝うイースター用の晩餐に参加してきました。

この晩餐というのは、普通に人が集まって晩御飯を食べるだけのものではありません。食事のメニューは、エジプトの奴隷たちや、彼らがモーゼに率いられてエジプトから逃げ出す時にちなんだものになています。

晩餐は、3コースあり、前菜、メインコース、デザートの三つです。それぞれの食材には意味があるそうで、日本のおせちのような雰囲気です。例えば、前菜として出てきた塩水につけて食べるハーブは、塩水は奴隷制度下にあった人々の涙、ハーブの苦さは、人生や奴隷制の苦さの象徴だそうです。全ての食材に意味があるのはとても興味深かったです。

 

行く前は、服装に散々悩み、イースターは黄色、ピンク、白で表されると聞き白っぽいコーデで行きましたが、実際はスーツや黒っぽい服装の人の方が多く、オーストラリアではあまり関係ないようです。

 

第1四半期終了。

10日前になりますが、2017年の第1四半期が終わりました。

皆さんの第1四半期はどのようなものでしたでしょうか。

私は、本格的にオーストラリアの高校一年生として生活し始めレポート等の宿題に追われておりました。

しかし、毎日やったことや翌日やらないといけないことをノートに記録したり、バスの中で英単語を覚えたりと忙しながらも充実していた第1四半期だったと思います。一方で日本にいる友だちとスカイプしながらゲームをしたり、諸外国から来ている留学生の友達と外出したりと遊びの面でも充実していました。

その記録用のノートは、面白いことに三ヶ月しか使えないようになっています。(日付が各ページについていて、それが三ヶ月分しかない)

そして、必然的に各四半期のはじめにノートを次の3ヶ月用に変えないといけないようになっています。

商売上手だなとも思いますが、ノートを変えて驚いたこともあります。一年の計は元旦にありと言われるように、人は何か身近にあるものが新しくなると心機一転頑張ろうという気持ちになりますが、今回ノートが第二四半期用に移行したことで、第1四半期を振り返った上でまた頑張ろうと感じたということです。

第二四半期が終われば、一年の半分が終わります。第一タームは、成績的にもあと一歩という感じでした。第二四半期には、その一歩前に進むべく頑張りたいです。

みなさんも各四半期ごとに心機一転新たな目標を立ててみてはいかがでしょうか。

Nintendo switch

四日前、三月三日に任天堂から新コンソール”Nintendo Switch"が発売されました。

自分は入手できてないですが、開封&レビュー動画を見ていたところ、

”なんだろう。。昔は、任天堂のゲームに購買意欲があったんですけど。。PSが出てからあんまり買いたい気持ちがなくなってしまった”

というコメントを見たので今回の”Nintendo Switch"の発売と昨今の任天堂の商戦について考察したいと思います。

任天堂のコンソールと言えば、家庭気ではファミコンスーファミ、最近ではWiiWiiU、携帯機では、ゲームボーイや初期DSの後継機たち(3DS等)などがあります。

ソフトでは、任天堂の代名詞、マリオ、ポケモン、最近では、スプらとぅーんが有名どこかな?

ということで、Youtubeでのコメントについては、一昔前は、マリオや、ポケモンがまだまだ新鮮で、消費者も楽しめる年齢だったのに対し、初期ポケモンレッド&グリーンコンソールもゲームボーイからDS、ファミコンからWiiなど大きな革新が見られたものの、最近は最新型のDSやWiiUなど既出のゲームの上位互換しかなくソフトも新しくて刺激のあるゲームが出ないのが原因じゃないかと思います。昔はポケモン、マリオ、マリカー等新しいゲームがあったけど、今はそれをコピーしてるだけに見えます。

そして任天堂は、昔スーファミやDSを作ったころの攻める商戦ではなく、PSやXbox、PC、スマホに対抗する守る商戦を展開しちゃってる気がする。初期DSの後はDSの最新型をだし続けて目新しさを出してみたり、WiiPS2とかの家庭機に対抗したりしてたし、WiiUでは、スプらとかソフトの力で押すという任天堂の十八番が出たように思いきや、自分で切り開いた携帯機の市場を今回のNintendo switchで自ら家庭機市場に組み込むという。。。 (自分は任天堂あんま好きじゃないんでいいですがw)